水質を変える泡

マイクロバブルとは、非上に小さな気泡の事です。一粒の大きさが、直径10マイクロメートルほどとなっています。1マイクロメートルが、100万分の1メートルとなっているため、目で確認出来ないような、小さな泡となっています。マイクロバブルには、水質を浄化するという効果があります。マイクロバブルは、マイナスの電荷を帯びているという特徴があります。そのため、プラスの電荷を帯びている汚濁物質などを吸着します。吸着した後は、徐々に収縮していき、マイクロバブルが最終的に圧壊します。その際には数千度の熱、数千気圧の圧力が発生するので、汚れが破壊され、有機物が分解されます。このような作用があるので、水質を改善することが出来ます。水質改善に用いられる凝集剤といった薬品を使用しなくても良いので、非常に環境に優しく、かつコストパフォーマンスにも優れています。汚れだけでなく、ウィルスに対しても有効です、マイクロバブルはウィルスを吸着、圧壊するので高い殺菌作用があります。レジオネラ菌やコイヘルペス、クーリングタワーなどへの対策として用いる事も出来ます。水質を浄化して、飲料水に買える事が出来ます。マイクロバブルを使って、綺麗な水を作りましょう。また、マイクロバブルは空気を水に溶けこませるという効果があるので、溶存酸素の量を増やします。それによって、生物の生理活性化が促されます。海産物の養殖場にマイクロバブルを導入すると、成長促進と、病気対策の効果が発見されました。様々な場面でマイクロバブルが活躍しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加