高性能の顕微鏡

デジタルマイクロスコープとは、カメラを用いて見ることが出来る顕微鏡です。カメラ部分と本体で構成されており、カメラ部分にはこうがそのCCDと照明が搭載されています。高画素のカメラを使用している為、解像度の高い画を見ることが出来ます。ペン型のカメラ形状をしており、観察の用途で使用する際に便利です。照明が内蔵されているので、照明係を用意しなくても一人で観察を行うことが出来ます。様々なレンズを組み合わせて画像を取り込みます。ズームレンズなどを用いてより求めている画を見る事が出来ます。本体部には、記録機能や、表示機能、計測機能が備わっています。そのため、観察や解析、データの処理が用意に行えるようになっています。

デジタルマイクロスコープを使用することで、観察結果を保存しておくことができます。ハードディスクが本体に内蔵されているので、多くの画像を保存できます。CDーR/RWドライブを搭載しているものであれば、画像データのバックアップを取ることが出来ます。撮影したデータをCDに書き込んで持ち運ぶこともできるので非常に便利です。マイクロスコープ本体内には、その他にも様々な機能が備わっています。その中の一つが、画像計測機能です。撮影した画像の寸法を計測することが出来ます。画像内に写った対象の大きさなどをデータに残せます。残した数字を表計算ソフトに起こして、統計処理を行うことも出来ます。計測結果を管理しやすくなるという点も大きなメリットです。

このエントリーをはてなブックマークに追加