注文システムを見直す

飲食店を経営する上で重要な事が、オーダーのシステムです。お客のオーダーを円滑に受注して、商品を提供するシステムを確立することでお店の回転率を上げる事が出来ます。近年多くの飲食店で導入されているのがオーダーエントリーシステムです。オーダーエントリーシステムとは、客席に端末を設置して注文情報を管理するという方法です。端末に、テーブル番号、客の人数、注文した商品を入力して送信すると、指定したプリンタに注文伝票を送ることが出来ます。厨房などにプリンターを設置することで、ダイレクトに注文を届けることが出来ます。お会計の際には、明細を一括で表示することが出来ます。そのため、注文登録のミスを減らすことができます。

オーダーエントリーシステムを導入することで、様々なメリットが有ります。これまで飲食店ではオーダーを手書きで記録することが主でした、その際に書き間違いや読み間違いが生じることがありました。追加オーダーを受けることで、会計の時の計算ミスが起きることもしばしばあります。オーダーエントリーシステムを導入すればそのようなミスが無くなります。ひと目で注文内容が分かり、全ての注文を一括で計算して会計することが出来ます。またオーダー受注の際に、店員の接客が必要ないので人件費削減、サービスの向上が期待できます。客側が注文する際に店員が席に来るのを待たなくて良いといったメリットが有ります。お店の注文システムを見直したいという方は、オーダーエントリーシステムを導入してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加