引張試験とは

金属は力を受けると形がかわる

金属というのは固くて力が加わっても変形をしないといったようなイメージもあるのですが、実は力が加わると多少なりとも変形しているのです。そして、一定以上の力が加わると破断をしてしまうということになるのです。金属によってこの力に対する変形の仕方といったものは変わることになり、この金属による特性を知るための試験が引張試験などということになるのです。金属は加わる力の方向によって特性は変わるものですが、引張試験ては引張りの方向に対する特性がわかるものです。引張りの力は金属を使用するときにはよく加わる力ですから、引張試験の結果というのはよく参考にされるものです。また、引張試験結果をもとのして金属に加える力の上限を考えたりするのです。

金属は安全性を考えて使用する

現代は安全性が重視される時代となっているものですから、金属を使用する場合でもそれはいえることです。金属は材質や形状、表面の処理といったようなものによってその特性といったものは変わってくるのです。そして、加わる力の種類によっても特性といったものは異なるものです。加わる力は同じであっても引張りの力と圧縮の力とではその特性はちがってくるので、金属を使用するときにはこういった特性を考えて使用をすることになるのです。金属というのは、力が加えられれば変形するものですし、ある一定以上の力が加わると破断をするものです。さらには繰り返しの力には疲労をしていき、寿命といったものもあるということを理解して使う必要があるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加